車の定員はどう数えるの?

私は三姉妹なのですが、盆正月に実家へ帰省すると、三姉妹の家族が集結します。皆が集まって出かける時、決まって誰がどの車に乗るかで大騒ぎになります。小さな息子と姪たちが、「ジージの車がいい」とか「○○ちゃん一緒に乗ろう」とか。父の車と姉の車の間で、メンバーのシャッフルが度々行われています。

子どもたちが乗る車を決めた所で、余った大人は定員オーバーにならないように2台に分かれて乗車します。その度に母は「子ども2人で大人1人分よね?」と確認します。車種によって決まっている定員は、大人の人数です。子どもが乗る場合の数え方として、どう数えるのが正しいか曖昧ではないでしょうか?セノッピーの効果と口コミ!

そこで、調べてみた所、法律ではこう定められていました。大人1人分は、子ども1.5人と数えます。つまり、大人2人分の座席に子どもが3人座れる計算です。ちなみに、この場合の子どもの定義は、12歳未満です。

例えば、5人乗りの車に大人が2人乗った場合、子どもは4人乗れる計算になります。しかし、定員5人の車に、6人乗車したらシートベルトが足りませんよね。この場合、シートベルトを全員がしていなくても違反にはならないそうです。

とは言え、できれば全員がシートベルトを着用できると安心です。大人子ども関係なく、定員の数だけ乗車するのが安全だと言えますね。


外国語大学2年目の日常生活をだらだらと

私は早朝のコンビニバイトに出勤するために朝の4時半に起きました。バイトを始めて半年、作業は慣れてきましたが、早起きだけがなかなか慣れてきません(泣)

バイトが終わると次は学校です。学校では英語を専攻しており、今日の授業はネイティブの先生を交えて「結婚」についてDiscussionしました。そのなかの一つの質問で先生は国際結婚はありかなしかについて聞いてきました。大半の生徒は英語を専攻しているためか、国際結婚に賛成している人が多かったです。私もその一人です。

その人たちの主張としてはかっこいいまたはきれいな人と付き合って容姿端麗で最低二か国語話せる子供を作りたいとの意見が多かったです。私の意見も似ていて、子供に幼少期のころから英語に慣れさせておきたいからです。

しかし、少数派ながら国際結婚に反対の意見もありました。理由としては価値観や生活様式が違ってくるため、離婚しやすいからなどなどありました。この意見に私はなるほど~っと感心し、さらに色々な考え方や価値観を勉強、共有したいと思いました。ネイティブの先生の授業だけでも学べるものはたくさんあるのでやってて面白いですし、普段やっている勉強のやりがいにもつながります。

大学生の人はぜひネイティブの授業をとってくださいね!


日に日にわからなくなる日馬富士暴行事件

日馬富士が貴ノ岩を殴ったという暴行事件のニュースを聞いて驚きました。日に日にわからなくなる、疑問がどんどん膨らんでくる事件といのも珍しいと思います。相撲の本場所が開催されている最中だから、相撲取りはべらべらしゃべるなと言われているなどの状況があるのは理解できるが、これでは相撲の魅力が半減してしまいます。

本来、注目されるべき、問われるべきなのは、貴ノ岩のケガの状態と日馬富士の横綱としての品格であると考えられます。しかし、貴乃花親方の意味不明な行動によって、注目が貴乃花親方に集まってしまっています。この件に対する相撲協会の対応も、後手に回ってしまっていて、組織として機能しているのかと疑いたくなってしまいます。

けれども、貴乃花親方は協会を無視して、警察に捜査を依頼したことになります。内輪でうやむやにしてしまうのはよくないと考えたとしても、なぜ、被害届を出してから協会に報告しなかったのでしょうか。なぜ協会から問われたことに協力しなかったのでしょうか。組織の改革は内部から行う必要もあるでしょう。いずれ理事長になって改革をしたいと思うなら、他の親方の意識を改革し、賛同する人を増やす必要があります。貴乃花親方の黒サングラスなどのファッション、かたくなな態度では賛同者を得られないと思います。

弟子を守ろうとした貴乃花親方こそが、弟子の活躍を妨げていることに気がついて欲しいと思います。


いしだ壱成さんの若い彼女。年の差恋愛。

いしだ壱成さん、最近19歳になったばかりの恋人がいるそうですね。元奥さんとの離婚後に恋愛関係に発展したとの主張ですが、本当でしょうか…。時期が被っていたような気がしてなりません。

いしださんは今42歳だそうで、かなりの年の差恋愛ですよね。いしださんと同じ世代の男性からしたら羨ましい限りなのではないでしょうか。いっくんと呼ばれているそうで、可愛いですね。ただ、いしださんが彼女のことをたーたんと呼んでいるところを想像するとちょっと…。

ところでこの2人ほどではありませんが、私たち夫婦も8つの年の差があります。主人が30歳、私が学生の頃に交際を始めたのですが、主人の友達は女子大生の彼女を羨ましがっていたそうです。

そんな年下の可愛い彼女だった私も、7年経った今ではすっかり鬼嫁です(笑)

いしださんと彼女ほど離れていたら、鬼嫁・鬼彼女化もないのでしょうか?

このぐらいの年の差について、自分が恋愛するとしたら全然アリなのですが、自分の子供がそんな親子ほど年の離れた恋人を連れてきたら嫌だなぁと思ってしまいます。うちの子は男の子なので、お相手のお嬢さんにやめておけと説得してしまいそうです。逆に、お相手が年上のパターンなら…考えたくもないですね…。

息子にはせめて10歳差以内の素敵な女の子を見つけて欲しいと思います。


時間をゆっくりと感じて生活したい。

歳を取ると1日がとても短く感じる人は多いのではないか。実際に年末も近い。今年一年を振り返ってみると、いろいろ仕事でミスしたこともあったり、反省すべき点がいくつかあった。ただ、時間の流れを速く感じ、このスピードで年老いていくのかと思うと困るなと思った。

もうあまり時間がないな。とついつい思ってしまう。自分の今後やりたいことは、少なからずある。まずは、その目標を達成したい。家で勉強できる時間は限られていて、結構なお金を払ったので資格を取得したいのである。

また、勉強だけではつまらないところもあるので、息抜きに遊びにも出かけたい。イベントなどは、何か月も前から予約しなくてはいけないのだが、今年はいろいろイベントに出かけたので、今年と被らないイベントに出かけることができたらいいなと思っている。また、1年、1ヶ月、1日の時間の使い方を工夫しようと思っている。

年を取れば、自分の持ち時間が無限ではなく、有限だと気が付く人は多いだろう。だから、その貴重な時間をゆっくり感じたいのである。仕事で忙殺されるようなことはないとは思うが、なるべく自分の時間を持ちたいと思っている。また、日々老いていく自分というものを大切にしたいと思っている。