白髪たちとの闘い 

20代中半、突然その戦いは始まった。

対戦相手の名前は、SHIRAGAだ。

http://www.maginabooks.com/

休日にテレビを見ていたら、妻が後ろから私に【白髪発見!!】と言ってきた。

妻に【恥ずかしいから抜いて】と伝えると、【抜くと増えちゃうよ】と言われ、どうすればよいか考えてしまう。

ただでさえ幼少期の時から髪の毛にコンプレックスを持っていた私。

私以上に悩んでいる人もいると思うが、白髪といえば周りから老けて見えたり、苦労でもしているのかな?など考えてしまう。

ただ今回は、白髪の本数が少なく髪の毛でなんとか隠すこともできた為とりあえずそのままで。

髪の毛も伸びてきたので散髪に行き髪の毛を短くし、家の鏡で髪をよく見てビックリ!?

あちこちにきらきら光って見えるのはまさか白髪さんではないか!!

実は髪の毛が長めのため、髪の根元までは見ていなくこんなにも多く隠れていたのです。

人目を気にしてしまうので、この際白髪染めをする事にした。

だが、ここからまた悩みが発生。

市販で販売している白髪染めを使用。

長い部分はしっかり染まっているが、なぜか短い毛の部分は全く染まりません。さすがに連続で髪を染めるのは白髪だけでなく頭皮の悩みもでてくるのであきらめる事に。

今はインターネットで、たくさんの情報があるので染める方法をしている私。

この白髪との戦いは10数年たった今でも続いている。

早くこの白髪たちと仲良くなれる年頃になりたいと思っている37歳の中年でした。


白髪生活との決別を目指して

社会人になってから、自分の頭に白髪が生えるようになった。美容院に行くたび、鏡に映った自分の頭の白髪が店の電気に反射してきらめく。艶黒美人は効果なし?

切っても切っても生えてくるのできりがない。原因はやはりストレスだろうか。「ストレスもありますけど、不規則な食生活だとやはり白髪になりやすいですよ」美容院のお兄さんは言った。

なるほど。確かに社会人になってからの私の食生活は適当すぎた。朝は食べたり食べなかったり。昼はコンビニの菓子パン。夜はスーパーの閉店間際の半額商品を食べる。見事な白髪生活である。せめて朝は食パンを食べて、夜は作り置きで自炊を頑張ってみようか。

こうして私は白髪生活との決別を目指して夕食の作り置きに励んだ。「髪に良い食材は…」などとは考えず、とりあえずバランスよく「米・肉・野菜」を摂取できるようにクックパッド先生で検索して作った。するとどうだろう。

一か月後、白髪が目立たなくなったのである。「白髪、減りましたね」美容院のお兄さんにも言われた。0にはならなかったが、鏡の中で白髪が反射していた時から比べたらすごい進歩である。おまけに、以前はクリームを塗ってもガサガサだった肌や唇がツヤツヤになった。

テンションが上がったのと同時に、やはりどんなシャンプーや化粧品を使っても、食生活がちゃんとしていなければ不調として髪や肌に現れるのだと実感した。これをきっかけに薬膳コーディネーターの勉強をしてみるのも楽しいかもしれない。なんてことを思った社会人生活3年目だった。


老化現象はつらいよ。

40歳女性。30代後半から増えてきた白髪。抜いちゃいけないとわかっていても、髪質がくせ毛で太いので、一本の白髪が目立つ。なので、ちょいちょい毛抜きで抜いていた。しかし、どうにも抜ききれないほどの白髪が生えてきて、完全に抜いたらハゲてしまうくらいになったので、白髪染めデビューを果たす。

艶黒美人を3ヶ月飲んだ私の口コミ!成分効果と副作用の危険性を調査!

自分は長年縮毛矯正をかけていて、その関係なのか、通っている美容院で白髪染めをお願いしたら、かなり黒めにしか染められないと言われた。もう、若いころのような茶色にはできないらしい。そんなんわけで、黒々となるも、どうにも重たい。

よく、年を取るとやたら金髪化している人がいるが、白髪って金髪化するか黒々と染めるかになってくるのかもしれない。と思っていたら、最近近所に出来た白髪染め専門店で、もっと明るく染められると言われる。何だって!しかし、一度白髪染めした部分を明るくすることは難しいらしく、生えてきた部分を少しずつ明るい色で白髪染めしながら、徐々に明るくするしかないらしい。

染めても一か月もしないうちに白髪になるので、毎月気長に明るめに染めるのも一つの手かもしれないが、仕事してるし、中途半端な髪色になるのも気になるところ。前回の白髪染めからまだ2週間そこらしかたたないが、すでに生え際の白髪が目立ち始めている。

さて、もう2週間ほどサロンドプロの白髪隠しで乗り切るか。ちなみに、このようなお出かけ前にさっとひと塗り商品。使うたびに徐々に白髪が染まるとうたっているが、洗髪すればきれいに落ちてしまう。染まることはない。他のメーカーのものも同様。

経験済。白髪染め専門店の店員さんに、100均のマスカラで白髪隠しは充分代用できると教えてもらったので、今後は100均で調達するつもりだ。それにしても、白髪は不快だ。やたら出しゃばって来るからたちが悪い。まだ、グレイヘヤーにはなりたくない。

老け顔だから、髪くらいまだ若くいたい。中年になると、身体の老化現象が一気に襲ってくるが、白髪も同様。見える部分ゆえに、こまめに手入れをしなければいけないので、働いたお金をつぎ込まなくてはならない。しかし、年をとってもきれいにしている人は魅力的だ。自分も、小汚いおばさんにはならないよう、これからも白髪染め専門店に通って、手入れをしていこう。


白髪に悩み続けて20年。

私は白髪に悩んでいます。現在42歳ですが、白髪が生えてきたのは20代の頃からです。よく職場では先輩に「若いのに苦労してるの?」と言われたり、自分で抜いたりしたものです。

http://www.brentchumley.net/

なぜ、若い頃から白髪が生えてきたのか?これは遺伝だということも分かっていました。というのも、私の父親は若い頃から白髪があったからです。20代の頃は、おでこの生え際あたりだけ数本生える程度でした。それでも、気になってはいました。悩んでもいました。しかし、染めてはいませんでした。それは、数本抜けば白髪はなくなっていたからです。

それが、年齢とともに生える箇所も増え、だいぶ目立つようになってきました。おでこの生え際、耳の脇とすぐに白髪が生えてきます。若くもないので、白髪が見えただけで、より老けて見られるようになりました。今では、白髪染めをしています。

その白髪染めも、黒くしても1か月経たないうちにすぐに白髪が出てくるので、すぐに染めに行かなくてはいけません。3週間ほど経つと、部分的に白髪がちらちらと生えてくるので、気になるし、その分染める回数も増えるのでお金もかかります。

年齢とともに、さらに白髪も増えて、老けて見られるのが恥ずかしいし、嫌です。20代の頃から悩み続けている白髪の問題。今後もずっと悩み続けることを思うと憂鬱です。


35歳で髪の約半分は白髪です。泣きたい気分です。

私は現在35歳なのですが、(女性)もう白髪がすごいです。もちろん染めているのですが、根本がすぐに白くなってしまい目立つぐらいです。艶黒美人を3ヶ月飲んだ

なので、一カ月に一回の頻度でリタッチしてもらっています。染める頻度も多いので髪もすぐに痛みます。なので、二カ月に一回は必ずトリートメントも欠かせません、。

美容室代にお金がかかりますし、本当に最悪だなと思っています。伸びると黒くなってしまうって嘆いている人が本当にうらやましいです、。

しかも、生えてきたところの白髪の部分はつやがなく、少し硬いかんじもするので、すごくいやです。。。

彼にはこの事は内緒にしているので、本当に日々鏡をみて白髪が少しでも目立ってきてないかチェックしています。

何かいい方法はないかと思いますが、白髪は染めて隠すことしかできないので、これ以上白髪ができないように頭皮マッサージなどもがんばっています。

これが効果あるかはわかりませんが、頭皮の血行を良くするのはいいことだと思うので、。

最近は頭皮に刺激を与えようかなと思い、マッサージにトニックを使ったりしていろいろ工夫をするようにしています。

なにが効果があるのかわかりませんので、。まだ35歳なのに半分ぐらいが白髪なんて本当につらいです。


私の白髪ヒストリーについて

私は20代の頃から白髪がありました。現在67歳の父は白髪で頭は真っ白、完全に遺伝で白髪体質をもらってしまいました。25歳までは数えても10本以内だったので、当時お付き合いしている彼氏にお願いして、抜くのはダメだと知りつつも抜いてもらっていました。http://murahtabungpemadamapi.com/

もう白髪が嫌で嫌で、抜いてもらった白髪を見るだけでも自分の毛なのに嫌悪感。25歳を過ぎると、さすがに抜くには本数が多くなっていき、夫にハサミで夜な夜な切ってもらう日々。もちろん、カラーリングは数か月に1回していましたが、白髪は目立ちます。20代の頃は友人に話してもドン引きされるだろうと思い、唯一分かち合えるのは姉だけでした。

30歳を過ぎた頃からはカラーリングでは白髪が隠し切れなくなり、美容師さんのススメから白髪染めを行うようになりました。40歳になった現在約3週間ごとに格安な近所のカラーリング専門店で白髪染めをしてもらっています。1か月何もせずに放置すると、髪の生え際は真っ白。

白髪がまだほとんどない同世代の方が羨ましいです。毎月、白髪染めを行わないといけない、お金も勿体ないとは思いますが、不器用な私には市販品を1人ですることは出来ません。白髪体質も自分の個性だと思い、これからも共に付き合っていくしかないですね。腹をくくっても、それでもやっぱり白髪は嫌です。