イケメンだと許せてしまう

私は高2まで告白はされたことはあったのですが付き合った事がありませんでした。

【公務員婚活110番】真剣な出会いを探して結婚

ずっと彼氏は欲しかったのですが、年上ばかり告白される為お断りてました。

制服デートに憧れていたのと学校帰りにファミレスに行くのに憧れがありました。

ある日私のバイト先にクラスメイトが親友を連れてご飯を食べに来ました。

「カッコいい人だなぁ」と思ったのが第一印象です。その人はひとつ年上です。

クラスメイトと親友と私で少し喋っていて、帰っていったのですが。

連絡先教えてほしいなと思ったのですが私は、

仕事中ですし恥ずかしくて言えませんでした。

そしたらクラスメイト伝いで

「この前ご飯食べに来た俺の親友がお前の連絡先教えてほしいって言われたから教えていい?」

と言われ

「もちろん!ぜひこちらこそ」といい連絡先を教えてもらいました。

それから向こうからの猛アタックで付き合いました。

私は付き合う前は年上は絶対嫌だと思ったのですが

結局かっこよかったら年齢は関係ないんだなとこの時

思いました。

制服デートにすごくあこがれを持っていたのですが、

年上なら車でデートもできるし、年上なら年上の

楽しさがあります。

彼とは半年しか付き合っていないですが

とてもいい思い出として今でもたまに思い出します。


二人きりの海外旅行直前に終わった恋

数年前、5歳年下の彼氏がいました。彼氏は名家の一人息子です、しかも母親が独身なので彼女を選ぶ目が人一倍厳しかったです。私の家族構成や生まれ育ちなども調べたらしく私のことをよく思いませんでした。しかも、彼氏の母親の取り巻き達も私のポジションが気に入らないらしく、嫌がらせされるようになりました。

結婚できない自衛隊へ!本気の出会い

ある日突然怖い事が起こりました。彼氏と一緒につけてた日記がなくなりました。それ以来彼氏と会う日に必ずお母さんの邪魔が入るようになりました。そして、楽しみにしていた海外旅行です。当然お母さんがよく思ってません。

一週間くらい一緒にいたいね、と言ったらお母さんに相談して3泊4日になってしまいました。結局、海外旅行直前まで彼氏のお母さんの邪魔とその葛藤で私はノイローゼになり、彼氏も倒れてしまいました。彼氏から旅行に行けないと連絡が来て、家に行っても本人は出ないし、電話も出ません。手紙も受け取り拒否され一人で行きました。

意外と一人で行ったほうが楽しかった自分、実は彼氏とお母さんとの関係に疲れていたことに気付いたのです。別れた後、いつもの職場の人に元気ないね、と話しかけられました。その人はずっと自分のことを見ていたのです。それから新しい恋が始まりました。


女性のエイジングと年下彼との恋愛

近年では年の差カップルというのはあまり珍しいものではなくなってきました。

しかし女性が年上だった場合、少なからず躊躇するところもあると思います。

そしてどちらかというと、年下の彼は年齢差をさほど気にしていない一方で、年上女性の方が悩んでしまうケースが多いように思います。

シングルマザーの婚活ナビ | シンママ向けの出会いの場で結婚しよう!

ですが、やはりそこは自分に自信を持って恋に進んでもいいと思うのです。

年齢を理由に劣等感を抱くことは、自分の存在を価値の低いもののようにしてしまいます。

確かに若い男の子を前にして、何だか自分がすごくおばさんのような感じがして気後れしてしまうこともあります。

そんな女性の心情をくみ取り、彼の方も大人ぶろうと無理をしてしまうことも。

しかし、それを乗り越えて堂々と彼とつき合えるようになったとき、お互いの年齢は気にならないものとなり、自分に大きな自信が湧いてくるはずです。

彼に合わせて若作りするでもなく、年上らしくお姉さんっぽく振る舞うでもなく、自分自身のありのままで彼を愛せるようになったとき、女性の姿は光り輝くのではないでしょうか。

好きになった男性が年下というのは少し試練も伴います。

しかし、それを乗り越えた先には、年齢にとらわれない自由な精神への解放が待ち受けているはずです。


ほろ苦い思い出になっている私の恋愛体験談

私は現在40代半ばの男性ですが、今から5年ほど前の恋愛体験がいい思い出になっています。

相手の方は元々は友人が主催してくれた飲み会に来ていた方でした。

医者との出会いが見つかる婚活サービス!

その飲み会でその方の飾らないキャラクターに魅かれて好感を持っていたのですが、いわゆるその場の盛り上がりだけに終わってしまって、その後の連絡はしていませんでした。

そしてその飲み会から数年たってから、私はその飲み会での楽しかったことを思い出しながら連絡をしてみました。

その時には同時に他の女性にも連絡を取りましたが、返事が来たのはその方だけでした。

その飲み会からかなりの時間が経過していたので、連絡先が変わっている可能性も高いですしダメ元でした。

そんな中でたった一人返事をくれた女性の方がいて、それだけでも嬉しかったのですが相手の方も覚えていてくれて嬉しいですみたいな内容の返事をくれました。

そして私は大学の同級生を誘ってコンパを開き、その方とも後日2人で会うことにしました。

居酒屋に行ってお酒を一緒に飲み、カラオケにも行きました。

その時には私の心の内面をもさらけ出せる場面もあり、気が付いたらとっくに終電の時間を過ぎていたほどの時間を忘れる楽しさでありました。

それ以後も連絡を取っていたのですが、相手の方の方が気のない返事をすることが多くなっていき自然消滅のような感じで終わっていきました。

おそらくは私の考えすぎる性格が敬遠されたのだと思いますが、この時のデートの楽しさは今でも私の心の中にしっかりと刻まれています。