40代からはじめる習慣

40代に突入してから、体型に異変を感じ始める方は多いかと思います。私もその一人です。食べる量や生活習慣は変わらないのに体重がなぜか増加する。見た目も全体的にたるんでくる。

キュリーナの悪い口コミは本当?

このような変化に危機感を感じ、何かを変えなければと考え、自分に合ったダイエットを模索しました。ダイエットと言っても、ストレスになるような食事制限やハードな運動は長続きするはずもないと思っていたため、まずは毎日の生活に取り入れやすい、ながら運動を取り入れました。

まずはじめたことは、毎日1時間程鑑賞する習慣があったドラマを観ながらのながら運動です。フラフープをドラマを観ながら右回し5分、左回し5分の合計10分行いました。

これだけでは、そこまできつくないので、その後エア縄跳びをします。縄跳びは、前跳び100回、後ろ跳び100回の200回です。エアなので縄に引っかかるストレスもなく、ドラマを観ながらの室内なので、周りの目を気にする必要もありません。縄跳び200回終わった段階でかなり運動した感じになります。その後、軽くストレッチをして終わります。

このながら運動と平行して、夕飯の白米を今までの3分の1程に減らしました。完全に白米を食べないのはできないと思ったので、量を減らすことからはじめましたが、今は少量の白米でおかずを食べることに慣れて、何のストレスもありません。
この2つの方法で、40代に入り3キロ程増加した体重を元に戻すことができました。