ムリなものは無理…運動嫌いじゃダメなのか?!

我が家はとある武道の黒帯(4段)の夫と、ジム通いが趣味だという私の間に年子の息子が二人。

夫の方針で物心ついたころから同じ武道を習わせることを決めていました。セノッピーの効果と私の口コミ

訳も解らないうちから習っているので、稽古に行くのが当たり前という幼少期を過ごしていたのですが。

やりたい事や趣味の傾向を見ていくと、長男は武道も部活も「やらされている感」でいっぱい。

次男はどちらも楽しんでおり、自発的に「ちょっと走ってくる~」と言って外に出ていくのです。

始めは運動できないと困るよ?と思っていたし、運動は楽しいものだという私の気持ちの方が先走って、なだめすかしていろいろやらせた長男ですが。

結局今となってはそれも”個性”なのだな、と思うようになりました。

最低限の運動能力があり、太ったり、内臓や筋肉の維持がきちんとできるレベルの監理ができていれば、それでいいのかなぁ、と考えるようにも。

わざわざ苦行のようなことをさせることもありませんよ。

その理由の一つが中学校の組体操でした。

体格が小さいことと、力が弱いことから、てっぺんに乗る役を振られた彼でしたが。

…下の土台がバランスを崩して、頭から落とされました。

だから、全員が運動しなくてもいいじゃないの、と今なら思います。

しかし、それ以外の部分では好きなことは一生懸命だし、じっくり本も読む、集中力もある。

それでいいじゃないか、と。

ある程度の努力をさせることは必要ですが。

無理やりやらせて怪我をさせることもないですよ。

運動が好きなのも個性。

運動が苦手なのも、嫌いなのも個性なのだと今なら思います。