やはりストレスなのか。

子供の頃はもちろん、思春期になっても大人になってもニキビなど出来た事がなく、肌キレイだよねと言われ続けてきた私。ところが36歳で3人目を出産し半年を過ぎる頃から顔にニキビができ始めた。

一度にいくつも出来る訳ではなく、1つ出来てそれが治る頃にまた1つ出来る。すぐに治るだろうとたかをくくっていたが、最初のニキビが出来てから半年たっても続き、だんだんと痕も治らず顔のあちこちに色素沈着が目立つようになる。ヴィオテラスCセラムの口コミ・評判

これはヤバいと思い、サプリを飲んでみたり市販の大人ニキビ用の洗顔料やクリームなどを色々と試してみるが、痕を含めて改善される気配がない。ある日鏡で顔をじっくり見ていると、ニキビ痕だけでなく小鼻の毛穴の黒ずみも気になり、しばらくして毛穴汚れに特化したクレンジングを買ってみた。

使い始めてすぐに毛穴の黒ずみは解消され、だんだんとニキビも出来なくなって来たので喜んでいたのだが、それから半年たつ頃からまたニキビが出来始めた。よくよく振り返ってみるとやはり原因はストレスなんだと思う。

若い頃も仕事柄ストレスばかりの生活ではあったが、飲み会だったり友達と出掛けたり、愚痴るところも沢山あり、体も動かしていたのでうまくストレス発散出来ていたのだと思うが、専業主婦になり、3人目出産後は、上の子2人と年が少し離れているのもあり、家族の時間軸が合わずに時間に追われ、友達と会う機会もぐんと減り、ストレス発散する場面がほとんどなくなっている事に気が付いた。

クレンジングを替えて一時的にニキビが出来なくなったのも、ちょうど下の子に少し手がかからなくなってきてから、いわゆるイヤイヤ期がひどくなるまでの期間だった。今私は専業主婦。家計も厳しくなっているので、家で出来るストレス発散方法を探している所だが、それを見つけたらニキビは治るのか。早く試してみたい。