白髪生活との決別を目指して

社会人になってから、自分の頭に白髪が生えるようになった。美容院に行くたび、鏡に映った自分の頭の白髪が店の電気に反射してきらめく。艶黒美人は効果なし?

切っても切っても生えてくるのできりがない。原因はやはりストレスだろうか。「ストレスもありますけど、不規則な食生活だとやはり白髪になりやすいですよ」美容院のお兄さんは言った。

なるほど。確かに社会人になってからの私の食生活は適当すぎた。朝は食べたり食べなかったり。昼はコンビニの菓子パン。夜はスーパーの閉店間際の半額商品を食べる。見事な白髪生活である。せめて朝は食パンを食べて、夜は作り置きで自炊を頑張ってみようか。

こうして私は白髪生活との決別を目指して夕食の作り置きに励んだ。「髪に良い食材は…」などとは考えず、とりあえずバランスよく「米・肉・野菜」を摂取できるようにクックパッド先生で検索して作った。するとどうだろう。

一か月後、白髪が目立たなくなったのである。「白髪、減りましたね」美容院のお兄さんにも言われた。0にはならなかったが、鏡の中で白髪が反射していた時から比べたらすごい進歩である。おまけに、以前はクリームを塗ってもガサガサだった肌や唇がツヤツヤになった。

テンションが上がったのと同時に、やはりどんなシャンプーや化粧品を使っても、食生活がちゃんとしていなければ不調として髪や肌に現れるのだと実感した。これをきっかけに薬膳コーディネーターの勉強をしてみるのも楽しいかもしれない。なんてことを思った社会人生活3年目だった。