日に日にわからなくなる日馬富士暴行事件

日馬富士が貴ノ岩を殴ったという暴行事件のニュースを聞いて驚きました。日に日にわからなくなる、疑問がどんどん膨らんでくる事件といのも珍しいと思います。相撲の本場所が開催されている最中だから、相撲取りはべらべらしゃべるなと言われているなどの状況があるのは理解できるが、これでは相撲の魅力が半減してしまいます。

本来、注目されるべき、問われるべきなのは、貴ノ岩のケガの状態と日馬富士の横綱としての品格であると考えられます。しかし、貴乃花親方の意味不明な行動によって、注目が貴乃花親方に集まってしまっています。この件に対する相撲協会の対応も、後手に回ってしまっていて、組織として機能しているのかと疑いたくなってしまいます。

けれども、貴乃花親方は協会を無視して、警察に捜査を依頼したことになります。内輪でうやむやにしてしまうのはよくないと考えたとしても、なぜ、被害届を出してから協会に報告しなかったのでしょうか。なぜ協会から問われたことに協力しなかったのでしょうか。組織の改革は内部から行う必要もあるでしょう。いずれ理事長になって改革をしたいと思うなら、他の親方の意識を改革し、賛同する人を増やす必要があります。貴乃花親方の黒サングラスなどのファッション、かたくなな態度では賛同者を得られないと思います。

弟子を守ろうとした貴乃花親方こそが、弟子の活躍を妨げていることに気がついて欲しいと思います。